2016年08月17日

サザンオールスターズの桑田佳祐に贈りたい古典的名著「国際法上の自衛権」

 2014年5月、勁草書房が国際法の古典的名著である国際法上の自衛権(田岡良一著/1964年初版発行)を復刊した。第二次世界大戦後の我が国において戦時国際法研究の絶滅を阻止した田岡博士は、「国際法上の自衛権」に、1934年のハーグ国際アカデミーにおいてレンヌ大学教授エミール・ジローによって呈された以下の苦言を引用している。

「侵略を阻止し禁遏するためには、国家政策の手段としての戦争に訴えることの不正を宣言しただけでは、十分ではない。侵略の定義を作ることも大して役には立たぬ。国際組織の全体を不戦条約によって宣言された新しい観念の線に作り直さねばならない。さもなくば新観念は現実性なく生命なきものとなる。

 平和をプラトニックな願望や、根のない気まぐれや、抽象的な宣言や、言葉やジェスチャーで安直に入手できると信じるのは幼稚の極みであり、幻想の極致である

 古いことわざに結果を求める人は手段を求めるという。手段を捨てる者は、まさに結果を捨てるものである。


「国際組織の全体を不戦条約によって宣言された新しい観念の線に作り直さねばならない。さもなくば新観念は現実性なく生命なきものとなる」とは、どういうことか。

 田岡博士は「国際法上の自衛権」にガリュースの指摘を引用している。ガリュースは、不戦条約が国際社会の法的機構に改良を加えないでそのままにしておきながら、武力行使を全面的に禁止し、ただ正当防衛(自衛)の場合、すなわち攻撃を受ける国がこの攻撃に対して自国を守る場合の武力行使だけを認めようとしていることに対して、1930年に次のような批判を加えた。

「このような法的状態から生ずべき結果は重大である。ある国が国際法を侵し、自分の結んだ条約を恣に破り、また国際慣習として確立していることの疑いない諸原則を足下に蹂躙したとしても、この国によって権利を侵され、その利益に重大な侵害を受けた国から、陸軍または海軍のいかなる武力行動をも加えられる恐れはない。

 この国の態度は、いかに傍若無人であるとはいえ、攻撃を構成しない。従って被害国へ武力に訴える権利を与えない。この権利は正当防衛の場合より外には与えられないからである。」


 そしてガリュースによって批判された1930年当時の法的状態から、まさに彼が警告した通りの重大な事態が極東地域に出現していた。それは、革命外交を標榜した中華民国の無法な排日運動の激化と、これに法益を侵害された日本の国民感情の尖鋭化であった・・・。続きを読む
posted by 森羅万象の歴史家 at 00:00| 国際法 | 更新情報をチェックする

2016年08月16日

山中伸弥教授が教えてくれた栄誉の源泉の所在(大日本帝國憲法第十五條)−明治流憲法学奥義秘伝の原稿

 文化の日の2012年11月3日、文化勲章の親授式が皇居で行われ、受章者らが喜びを語った。ノーベル医学賞を受賞した山中伸弥教授は「きょうのこの日が、一番光栄な瞬間であり、陛下から文化勲章をいただいた時の感激は、一生忘れることはないと思う」と語った。

 山中伸弥教授は、世界で初めて再生医療を飛躍的に発展させるiPS細胞(人工多能性幹細胞)の作製に成功し、人類史に燦然と輝く偉業を成し遂げただけでなく、依然として我が日本国の栄誉の源泉が天皇陛下であることを証明したのである。
 山中伸弥教授は本当に日本人らしい偉大な日本人である。科学技術振興費を事業仕分けにかけ山中教授を憤激させた民主党は滅亡すべきである。続きを読む
posted by 森羅万象の歴史家 at 22:00| 大日本帝国憲法の真髄 | 更新情報をチェックする

保守主義の哲学を教えてくれる宮脇昭著「命を守るドングリの森」

 かつて日本列島は大部分が自然の森で覆われていた。今でも緑が多いと思われている。しかし宮脇昭氏によれば、現実には土地本来の緑、ふるさとの森は音も立てずに消滅しつつあり、現在の日本の緑は土地本来のものから懸け離れた、いわゆるニセモノであるという。

 いのちを守るドングリの森は、われわれ日本国民に、日本各地の鎮守の森に残る「潜在自然植生」を活用し、自然が数百年の歳月をかけて育む本物の森を僅か15〜25年で再生する方法を教えてくれる。続きを読む
posted by 森羅万象の歴史家 at 21:00| 憲法学の名著と迷著 | 更新情報をチェックする

2016年08月15日

拳法と憲法の世界


奇跡の村(日本)
世紀末覇者ラオウ(アメリカ)
獄中に監禁されているトキ(大日本帝國憲法)
トキのなりすましアミバ(日本国憲法)
アミバの手下(東大憲法学者、朝日新聞社)
ウイグル獄長(内閣法制局)
トキから静の拳法を継承する世紀末救世主ケンシロウ(占領憲法無効・帝國憲法復元後の改正大日本帝國憲法)

 戦後民主主義(占領憲法体制)ではなく、オリバー・ウェンデル・ホームズ(金子堅太郎の恩師、アメリカ最高裁判事)から「予が日本憲法を熟読するに当たり、天皇及び其の政府に於て保守主義を以てこの憲法を制定せられたる精神の全篇に充満するを祝賀するものなり」(1890年)という賛辞を贈られた大日本帝國憲法を信奉する日本国民が増えない限り、我が国に真正の保守主義政党は誕生しない。

 真正の保守主義政党が誕生しなければ、世紀末救世主ケンシロウは病み衰えた我が国に出現しないのである。多くの有権者は気付いていないが、自民党内に蠢いている革命思想は憲法を改悪するのみである。
posted by 森羅万象の歴史家 at 00:00| 日本国憲法の正体 | 更新情報をチェックする

2016年08月12日

マッカーサーの責任回避と歴史偽造−戦争を放棄しなかった幣原喜重郎

 1950年に朝鮮戦争が勃発し、GHQ製日本国憲法第9条が日本国の防衛ならびにアメリカの戦略に支障を来すようになった。そこでマッカーサーは第9条から生じる政治的問題の責任から逃れるために、1951年以降「第9条は幣原喜重郎の提案」という虚偽宣伝を繰り返した。続きを読む
posted by 森羅万象の歴史家 at 21:00| 日本国憲法の正体 | 更新情報をチェックする

2016年08月08日

忘れてはいけない明治天皇へのグラント将軍の助言−井上毅の漸進主義

 アメリカ南北戦争で勇名を馳せて北軍総司令官となり、戦後には大統領(第18代)を二期務めたユリシーズ・シンプソン・グラント将軍は、1877年5月から世界漫遊の旅にのぼり、1879年(明治12年)6月、長崎に到着し、我が国の朝野から大歓迎を受けた。同年8月10日、明治天皇は浜離宮の中島の茶屋にグラント将軍を招き、議会・政治・外債・琉球問題・条約改正・教育問題等について将軍の忌憚のない意見を求められた。続きを読む
posted by 森羅万象の歴史家 at 02:00| 憲政史の真相 | 更新情報をチェックする

小林よしのりが隠蔽する神皇正統記の論理

 小林よしのりは、「さらに田中先生は、決定的な指摘をされた、『親房の議論に“男系”という用語はありません!』」と言う。しかし北畠親房の神皇正統記には「一種姓のなかで」という用語がある。続きを読む
posted by 森羅万象の歴史家 at 01:00| 憲法学の名著と迷著 | 更新情報をチェックする

小林よしのりが「論外の男系カルト」に貶めた歴代天皇

 小林よしのりは「二千年以上の歴史に真面目に向き合うなら、やはり傍系継承は3世が限度、5世は例外中の例外、20世以上なんて論外と考えるしかない!」と喚き散らす。

 小林よしのりの新天皇論によれば、後桃園天皇(第118代、在位1770〜1779年)の崩御後、次の皇位継承者として伏見宮貞敬親王(伏見宮第19代。伏見宮18代邦頼親王の王子。幼名は嘉禰宮<かねのみや>)を望まれた後桜町上皇(第117代の女性天皇)は論外の男系カルトであったことになる

 桜町天皇(第115代)の皇女であった後桜町天皇(智子内親王)は、桃園天皇(第116代)の崩御後、中天皇(なかつすめらみこと)に即位し、桃園天皇の皇子の英仁親王(後桃園天皇)に皇位を譲渡した後、上皇になった。

 皇女が天皇となり上皇となったことは小林よしのりのいう支那男系主義では有り得ないことだったから、後桜町上皇が第119代皇位継承者として伏見宮貞敬親王を推したという事実に対して、小林よしのりは「支那男系主義の因習」と罵ることは出来ず、この事実を「女系尊重」と強弁することも出来ない。

 だから小林よしのりはこの事実を無視する。これはテレビ・マスゴミが常用する虚報の詐術(故意に重要な事実を隠蔽し読者や視聴者の思考を操作すること)である。
続きを読む
posted by 森羅万象の歴史家 at 00:00| 政治の全般 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。