2016年08月12日

マッカーサーの責任回避と歴史偽造-戦争を放棄しなかった幣原喜重郎

 1950年に朝鮮戦争が勃発し、GHQ製日本国憲法第9条が日本国の防衛ならびにアメリカの戦略に支障を来すようになった。そこでマッカーサーは第9条から生じる政治的問題の責任から逃れるために、1951年以降「第9条は幣原喜重郎の提案」という虚偽宣伝を繰り返した。続きを読む
posted by 森羅万象の歴史家 at 21:00| 日本国憲法の正体 | 更新情報をチェックする