2016年08月12日

マッカーサーの責任回避と歴史偽造-戦争を放棄しなかった幣原喜重郎

 1950年に朝鮮戦争が勃発し、GHQ製日本国憲法第9条が日本国の防衛ならびにアメリカの戦略に支障を来すようになった。そこでマッカーサーは第9条から生じる政治的問題の責任から逃れるために、1951年以降「第9条は幣原喜重郎の提案」という虚偽宣伝を繰り返した。

 敗戦直後の虚脱状態にあった日本国民から、平和という甘い言葉を使い、「愛国心」と「誇り」を誘い出し、マッカーサーは素手で扼殺した。その死体が第九条だ。

 マッカーサーは、自分にはその責任がないと断言し、釈明をする。

 最初の釈明。マッカーサーがトルーマン大統領に解任された三週間後、一九五一(昭和二十六)年五月五日、アメリカ議会の公聴会で、第九条は「幣原首相が新憲法の中に書き入れた」と断言した。

 第二回目は、彼の『回顧録』の中で少々込み入った言い訳をする。

「(幣原首相)一九四六年一月二十四日正午、私の司令部に来て、ペニシリンについて礼を言った。私は彼がどこか当惑げで躊躇しているのに気付いたので、言いたいことがあるなら率直に話すように勧めた。すると、彼は新憲法が最終決定する時には、いわゆる戦争放棄条項を含めるように要求した。彼はまた、いかなる軍事機構も禁止するよう提案した」

 この会見が一月二十四日に行われ、松本案がマッカーサーに提出されたのが六日後の二月一日である。幣原が「新憲法」として心に抱いたのは松本草案である。松本草案の他には政府案がなかった。また、彼は松本案に賛同していた(中略)。

 松本草案は、「陸海軍」の代わりに「軍隊」という言葉を含んでいた。さらに天皇は宣戦と条約締結権をもっており、緊急事態以外は国会の同意を必要とすることになっていた。(どの国でも、「緊急事態」の下で戦争を行うのである)
 この草案を見たマッカーサーは怒り、失望し、ホイットニーに日本が憲法上、戦争できぬだけでなく自衛さえもできぬようにせよ、と命じた。マッカーサーがホイットニーに書かせた草案では、「国権の発動たる戦争は放棄する・・・自衛のためでさえ」となったのである。マッカーサー直筆のノートにもそう書いてある(国破れてマッカーサー223~225ページ)。


 マッカーサーを怒らせた松本草案すなわち幣原内閣憲法問題調査委員会試案憲法改正要綱(幣原内閣の大日本帝國憲法改正試案)第5項は、次のようなものである(正統憲法復元改正への道標140ページ)。

 五、第十一条中に「陸海軍」とあるを「軍」と改め且つ第十二条の規定を改め軍の編制及常備兵額は法律を以て之を定むるものとすること

 六、第十三条の規定を改め戦を宣し和を講じ又は法律を以て定むるを要する事項に関る条約若くは国に重大なる義務を負わしむる条約を締結するには帝国議会の協賛を経るを要するものとすること但し内外の情形に因り帝国議会の召集を待つこと能わざる緊急の必要あるときは帝国議会常置委員の諮詢を経るを以て足るものとし此の場合に於ては次の会期に於て帝国議会に報告し其の承諾を求むべきものとすること
 

 憲法について全く無知蒙昧であったマッカーサーは、幣原内閣の大日本帝國憲法改正試案(松本草案)を非難否定しGHQ製日本国憲法に「戦争放棄」を入れた張本人でありながら、それが生み出した政治的問題の責任から逃れるために、卑劣にも、幣原喜重郎を戦争放棄条項(日本国憲法第9条)の提案者に祭り上げるという歴史の偽造を行ったのである。

<関連記事>

反日新聞社の盆暗史観を斬る!現代の共産中国に無く戦前の大日本帝国に有ったもの

現代日本に甦る美濃部達吉の遺言-立憲議院内閣制の理想型

帝國憲法復元後の新生日本國防軍の編制は伸縮自在

「占領憲法の正体」新無効論-歴史を偽造する魑魅魍魎が跳梁跋扈する日本国憲法有効論の弊害

<戦後民主主義洗脳狂育から児童生徒学生を救い出す名著>

・敗戦後の日本の共産主義者は「われわれは断乎戦争に反対した」「軍閥戦争に反対したのは共産党だけだ」と言うが、共産主義者の主張が真赤な虚偽であり、彼らこそ世界資本主義体制に代わる共産主義的世界新秩序を構成する東亜新秩序-東亜共産主義社会を実現するために、戦争の拡大を煽動していた張本人であることを多数の第一次史料を挙げて完璧に証明する大東亜戦争とスターリンの謀略―戦争と共産主義

・身近にいる日教組の洗脳狂育の被害者にプレゼントすると「真実を知りWGIPを引き継いで日本人を狂わせている朝日の定期購読を止め新聞代を節約できた」と心から感謝されますわーい(嬉しい顔)虚偽の巨塔である反日新聞社を崩壊させる大東亜戦争史

【関連する記事】
posted by 森羅万象の歴史家 at 21:00| 日本国憲法の正体 | 更新情報をチェックする